ランキング 育毛剤

薄毛対策だけじゃない!育毛剤で髪が伸びる!?

髪を短く切りすぎて、早く伸びないかなあ…なんて思ったことはないでしょうか。実はこれ、様々な早く伸ばせる方法があるんです。一体どんな方法があるのでしょうか?それでは、そんな育毛方法について説明していきましょう。

まずは育毛剤です。殆どが薄毛対策用と思われがちですが、一部の育毛剤が効果を発揮するんですよ。髪の成長を促進させる育毛剤は、主に頭皮の血行を良くするものに効果が見られます。見分けることが難しければ、薬局や美容室で相談してみるのが良い方法ですね。

また、基本的な育毛ノウハウも、髪を伸ばすために役立つものが多くあります。血行をよくすることが重要だと先ほども説明させて頂きましたが、頭皮マッサージで血行を促すことも可能です。例えばシャンプー時に意識して頭皮をマッサージすると良いですね。

その他、髪に栄養を与えるため、食べ物にも気を付けると良いでしょう。髪を作るタンパク質、ミネラル、亜鉛、ビタミン類など。具体的には野菜や海藻類、牛乳、納豆など、様々なものが思いつきます。また、トウガラシなどの血行を良くする食べ物も良いですが、食べ過ぎて胃に負担をかけすぎないよう、気を付けてくださいね。
後は髪にドライヤーを当てすぎると負担になって伸びない、頭を使う人は髪が良く伸びる、夜更かしも効果アリ、髪を結ぶと引っ張られてよく伸びるなど、科学的根拠がイマイチな方法も噂としてあります。余裕があるなら試してもいいかもしれませんが、例えば夜更かしは髪の細胞が活性化する22時~午前2時という説の逆です。確実性を求めるなら、試さない方が無難でしょうね。

短く切りすぎた髪は戻ってきませんが、髪の成長を促すことで素早く髪は伸びることはご理解いただけたでしょうか。あなたが今切りすぎてしまった髪を早く伸ばしたいときや、もし短く切ってしまった場合には、以上のノウハウを実践して頂ければ幸いです。もう、切りすぎてしまった髪を嘆くことはありませんよ!

その育毛剤、大丈夫ですか?育毛剤に潜む危険あれこれ

育毛剤のつけすぎは危険です。とっさにこう言われると、あなたは信じますか?実はこれ、真実です。例えば体に良いからといって同じ食べ物ばかり摂りすぎるとお腹を壊したり、太ったり、栄養過多で体調不良になることと似ていますね。また、育毛剤をつけすぎることで毛穴が詰まり、逆に発毛の邪魔になることさえあります。

症状に合わない育毛剤を使い続けるのも効果が薄く、場合によっては危険ですね。ストレスで薄毛になっている人、脂性のため薄毛の人、男性ホルモンが主な原因の人…。自分自身がどんな原因で薄毛になっているか、体質や現在の症状を見直して、正しい育毛剤をご使用ください。脂性のなのに頭皮にうるおいを与える育毛剤だと逆効果ですし、感想肌でかぶれやすいのに頭皮除去を主目的とした育毛剤を使うと逆効果なのは想像できますね。
また、体質にも注意が必要です。アルコールが苦手な方は、アルコールを含んだ育毛剤を使うと皮膚が赤くなったり、かぶれたりする事がありますので気を付けてください。育毛剤を腕につけて、赤くなるかどうかをチェックするのはいい方法ですね。赤くなったりかゆくなる場合は、使用を控えるのが無難です。

また、育毛剤の併用も危険な場合があります。育毛剤はその殆どが「医薬品」で、国内で成分の量や薬効などが厳しくチェックされたものです。必要以上に使用したり、異なる薬品を混ぜて使うと、思わぬ症状を招く恐れがありますのでご注意ください。ただし、併用可能な組み合わせや製品自身が併用を進め育毛剤などもありますので、説明に従った使い方をするか、専門家に相談の上、併用頂ければと思います。

このように、間違った使い方をしてしまうと育毛効果を促すどころか、逆に抜け毛や頭皮状態の悪化を招きます。育毛剤は、正しい使用法を守って、じっくり気長につきあっていきましょう。まずは今使っている育毛剤が自分に合っているか、使い方は正しいかを今すぐチャクするのが最善ですね。

じわじわ前頭部が広がる恐怖…育毛ケアで巻き返しはできるのか!?

薄毛の進行は様々なパターンがあります。頭頂部から、稀なところではもみあげから…中でも男性に多いのが、前頭部から進行し、段々おでこが広くなるパターンです。じわじわと進行するおでこを見ているだけで、憂鬱な気持ちになりますね…。

主な原因は男性ホルモンです。専門的なお話しですが、男性ホルモンが濃すぎると毛髪細胞の増殖を抑えてしまうようになります。その他前頭部は頭皮が薄い部分ですのでストレスや疲れ目などで血流が悪くなり、結果として毛根の働きを阻害し、薄毛になるという原因もわかっています。

ですから、まずは男性ホルモンを抑制する育毛剤が非常に有効と言えますね。育毛剤にも様々な種類があり、男性ホルモンに効くもの、皮脂を抑制するもの、栄養をあたえるものなど様々です。今回は男性ホルモンに効く育毛剤が必要ですから、フィナステリド、ノコギリヤシ、チョウジエキス、クルクミンエキスなどが含まれた育毛剤を選んで頂ければと思います。サプリなどでは亜鉛も有効ですね。

あとは基本的な頭皮ケアも忘れてはいけません。土台が良い状態でないと、薄毛の改善は見込めませんからね。毎日のシャンプーでいつも頭皮を清潔にすることはもちろん、血流を促すための有酸素運動や、血液をサラサラにするための野菜や食物繊維、青魚を食べることも有効です。

また、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンを増加させる効果(イコール男性ホルモンを抑制する)があります。同時にトウガラシを摂取し、効果の高い発毛が実証されたという実験もあり、これはトウガラシに含まれる血流促進作用との相乗効果が効果的だったということになりますね。前頭部の薄毛改善に、試してみる価値はあると言えます。

薄毛が進行しても、見た目がかっこよければいい…!かもしれませんが、やはり多くの方はふさふさした髪に憧れることと確信しています。育毛は1日で改善できるものではありません。じっくり腰を落ち着けて、毎日着実に育毛に臨みましょう。そうすれば、きっと髪は元気になってきます。

まさに育毛促進剤!?適切なブラシの選び方とかけ方で育毛ケアを

育毛で重要なこといえば育毛剤ですが、実はブラシも重要な役割を持っているということをご存じでしょうか。丁寧なブラッシングは頭皮の血行を良くします。髪についた汚れも取り除き、清潔に保ちます。あなたの育毛プランに、ブラッシングを取り入れてはいかがでしょうか。

なぜブラッシングが必要なのか?頭皮に適度な刺激を与え、血行をよくする効果や、汚れを除去して髪や頭皮を清潔に保つことにも効果があるからです。また、抜けた髪がそのまま頭についている場合もありますので、そういったものを除去するという効果もあります。

それでは、そんなブラシが良いでしょうか。ナイロン製を選ぶのは控えましょう。髪をブラッシングする際に静電気が発生しやすく、髪へのダメージが大きくなるからです。ですので、絨毛製が育毛という観点ではベストですね。ただし絨毛製はブラシの密度が高いですので、汚れが貯まりやすいのが欠点です。こまめに洗ってメンテナンスしてあげてください。

次に具体的な使用方法ですが、いきなり根本から強引にブラッシングすると毛根にダメージを与えてしまいますので、毛先から優しくブラッシングするよう心がけてください。ゴシゴシ強くかけるのも、頭皮や毛根によくありませんので、あくまで優しくゆっくりを心がけて頂ければ幸いです。軽い刺激でしたら、血行を促すので問題ありません。また、濡れた状態では髪の摩擦が大きくなりますので、しっかり乾かしてからご使用ください。

また、シャンプー時に使用する頭皮ブラシというものがありますが、指より細い突起が毛穴を洗浄できたり、頭皮を刺激して血行を促す側面はありますが、手ではないので力加減がうまくいかず、逆に頭皮を傷つけてしまうケースもあります。頭皮ブラシを使う場合は、そういったリスクもあることを理解した上でご利用ください。

いかがでしょうか。たかがブラシと侮ってはいけません。普段から使うものですから、しっかりブラシは使い方にこだわれば、このように頭皮の健康を保つことができます。あなたも今すぐにブラシを選ぶことから始めて見ませんか。あなたの育毛にとて、確実にプラスになるはずです。

そもそも育毛剤とは何?いつ生まれたの?そんな疑問にお答えします!

薄毛の改善や予防に強い味方の育毛剤。沢山の種類がありますよね。でもこれっていつから生まれたものなんでしょうか。気になったことはありませんか?本記事は、そんな育毛剤の歴史について調べてみましたので、お楽しみ頂ければ幸いです。

5000年以上前からあったという説もありますが、わかっている範囲で最古のものは、紀元前1553年のエジプトです。今から3000年以上も前ですね…。処方箋が発見されていることから育毛は人類にとって、深いテーマだったことは間違いありません。(何だか壮大になってきました…)

古代ギリシャでも玉ねぎを刷り込んで育毛剤として使われていましたし、中世ヨーロッパではヘビ油やお茶、レモンジュースなどが効果ありという説が流行したのですが、現代では効果がないことがわかっています。(殺菌作用程度はありそうですが…)

一方、日本では江戸時代に「都風俗化粧伝」という身だしなみについて書かれた文献があったことが確認されています。その中に育毛法もあり、方法も中々豪快でした。青松葉でハゲの部分をこすり、コウモリを黒焼きにして胡麻油で溶かしたものを擦り付けるといった方法です。

比較的新しいものですと、1976年のアメリカですね。ここでミノキシジルに育毛効果があることが発見されます。元々高血圧の薬として開発されたのですが、偶然育毛効果が見られたので育毛剤としての開発が進み、現代でも使われている有効成分として、効果が確立されています。そして現代では様々な育毛剤やノウハウが開発されているのはご存じの通りです。

思えば昔は髪や頭皮にとって良い環境ではなかったのではないでしょうか。栄養も十分でない、洗髪も毎日する習慣はない、そして何より知識がない。恐らく薄毛に悩んでいる方は相当いたのではないでしょうか。栄養や衛生面で劣る過去に、ストレスや睡眠時間で劣る現代。一体どちらの時代で薄毛が多かったんでしょうね。

育毛剤は、今も研究が続けられているものです。今後も進化を続けていくことでしょうし、今では不可能だった技術も生まれてくるでしょう。使って2~3日で発毛するものや、全ての人に効果のある育毛剤だって夢ではない…!かもしれませんね。

育毛剤の併用はアリか!?考えられる利点と危険性

育毛剤の併用は可能か?と聞かれると、可能です。ですが、使用法には注意しなければなりません。なぜなら育毛剤も、「医薬品」や「医薬部外品」です。風邪薬などと同じで、知識無しで併用するにはリスクがあり、間違った使い方をしてしまうと、髪や頭皮に逆効果となるからです。まずは正しい知識を得て、自分にとって併用は必要か、そうでないかを考えて頂ければと思います。

育毛剤は、「医薬品」と「医薬部外品」があります。これは含まれている成分に差があり、「育毛剤」の方が成分が濃いとご理解ください。様々な成分が入っていますが、特に同じ成分が入っている育毛剤同士は注意が必要です。必要以上に使っても、頭皮に浸透するのは一定量ですから効果が変わりませんし、育毛剤が多すぎて毛穴を詰まらせることもあります。

中でも育毛成分で有名な「医薬品」であるミノキシジルの併用はお控えください。副作用として低血圧や頭皮のかゆみ、性欲減退やむくみ、不整脈と、様々な報告があります。あくまで「医薬品」ですので、使用量にはくれぐれもご注意ください。

たとえば薄毛用シャンプーと「医薬品」の育毛剤はいい組み合わせですね。シャンプーは主に頭皮の改善を見込むもので、発毛を促すものではありません。ですが頭皮を健康にした状態で「医薬品」の育毛剤を使えば高い効果が見込めます。

「医薬部外品」は概ねリスクが少ないですが、「医薬品」は、むやみに併用すべきではないというのが結論ですね。ですが説明したように、相乗効果の狙える組み合わせもございます。念のため病院や育毛サロンなどで相談の上、ご使用ください。

あなただけじゃない!育毛剤を使ったもみあげ増量プランを提案します

薄毛は額が広くなっていったり、頭頂部から進行したり…というイメージが一般的ですが、実はもみあげが薄くなるというケースもあります。髪型にこだわる方なら、とても放置できない状況ですよね…。なので、特にもみあげに効く薄毛対策をして、悩みを解消してみませんか。

なぜもみあげが薄くなるのでしょうか?これは遺伝的なものというより、体調不良が主な原因にあります。目の疲れやストレスが、側頭部の血行を阻害してしまうのが主な原因ですね。中には骨格の影響でもみあげの皮膚が薄くなったり、シャンプーや石鹸の洗い残しが悪影響を与えて抜けた…というケースも想定されます。

目の疲れは、当然ながら目を使いすぎるのが原因ですが、お仕事でパソコンなどを使うのであれば使用を控えるというのは難しいのではないでしょうか。その場合は1時間おきに5分程度目を閉じる、温めたタオルで目を押さえて血行を促す、遠くを眺める、目薬を差すなどで疲労を軽減させてはいかがでしょうか。

また、もみあげ用の育毛剤というものも存在します。育毛剤のほか、育毛シャンプーも頭皮環境から改善が見込めますので良い方法ですね。育毛剤と育毛シャンプーで頭皮の環境から改善できれば、育毛は大きく前進できたと言えます。時間がかかるものですが、育毛は時間をかけて丁寧にする必要がありますので、焦らずじっくり行きたいものです。

以上を踏まえた上で、しっかりともみあげの育毛に臨んでいただければ幸いです。もみあげが薄くなるということは稀なケースですが確かに起こり得る現象ですし、しっかり対策もありますから、もしなってしまったとしても悲観的にならずに対策していただければ、きっと改善に向かうはずです。

つけすぎ注意!毛生え薬を効果的に活用するための分量とは

薄毛になると使うのは育毛剤。ですがあなたは、育毛剤を正しく使うことができているでしょうか。いくら髪にいいからといって誤った使い方をしていると、場合によっては逆効果になってしまうこともあります。本記事は、そんな危険性について解説させて頂きます。

例えば皮脂の分泌を抑えるタイプの育毛剤をつけすぎると、必要以上に頭皮を乾燥させてしまい、結果的にフケの発生や育毛の邪魔になってしまいます。髪が生えるには、ある程度の皮脂が必要ですからそれを必要以上に取ってしまう使い方は避けてください。

また、体質によってはアルコールを含む育毛剤のつけすぎは赤く腫れ上がったり、かぶれたりするので注意が必要です。特にお酒に弱い方や、注射前のアルコール消毒で赤くなってしまうような方は意識して頂ければと思います。

更に育毛剤は一定量頭皮に浸透しますが、余った分は頭皮に残り、最悪の場合毛穴を塞いでしまうケースもあります。よほどバシャバシャかけなければ問題はないですが、つい多くかけていれば効果もその分高くなるだろう…と錯覚してしまうので注意が必要ですね。浸透量に沿ったベストな使用法を心がけましょう。

育毛剤を複数使用することもオススメできません。中には「医薬品」とされている効果の高いものがありますから、それらを複数使用することで思わぬ副作用が生じる可能性があるからです。例えば風邪薬を一度に複数飲むようなものですから、危険なことは簡単に想像できますね。

つけすぎも注意ですが、使ったり使わなかったりという使用法もオススメできません。育毛剤で折角回復に向かっているのに中断してしまっては、効果が持続できず十分な効果を発揮できません。薄毛が毎日-3進んでいて、育毛剤で毎日+5の効果をもたらしていたとしたら…というイメージならご理解いただけるでしょうか。

やはり育毛剤は、用法や使用量をしっかり守って正しく使うことがベストですね。育毛剤は殆どが髪に良い影響を与えますが、使い方を誤ると逆効果になる場合もあるということを覚えておいてください。薄毛を改善するつもりで使っている育毛剤が、効果を発揮しないどころか逆効果だった…という状況は悲しいですからね。

育毛促進剤に記載されている「医薬部外品」って何?

今、あなたは育毛剤を使っているでしょうか。もし使っているなら、ラベルを良く見ると、新たな発見があるかもしれません。「医薬品」または「医薬部外品」と書かれていませんか。これは一見同じと思われがちですが、実は大きく違うものなんです。

まずは「医薬品」です。これは薬事法などで厳しくチェックされた有効成分が一定の効果があると国に認められたものです。例えば薬局の風邪薬や、病院で処方されるお薬全般なども同様ですね。効果が高いため、複数の医薬品を同時使用することは、思わぬ副作用を招く恐れがあるため専門家と相談の上ご使用ください。それだけ効果が期待できるものですから、使用法や用途をしっかり把握した上で使用頂ければと思います。

次に「医薬部外品」は、医薬品より有効成分が穏やかなものです。とはいえ、一定の効果を期待できますし、予防などの観点では副作用の心配も薄いですので医薬品より安心して使えるのが最大のメリットです。例えば医薬部外品は、入浴剤や歯磨き粉にも記載されているものがあります。イメージ的には疲れや打ち身などに効く入浴剤、虫歯や歯槽膿漏の予防に効く歯磨き粉なんかが思い浮かびますね。

現代でも様々な医薬品や医薬部外品が開発されていきます。新たな効果が見つかれば医薬部外品も医薬品になる可能性も0でないですし、飲み物、食べ物もそんな効果を持つものが開発されるかもしれませんね。「医薬品」と「医薬部外品」。微妙な違いかもしれませんが、違いを理解することでより正しく育毛することが可能ですから、しっかり覚えて活用して頂ければ幸いです。

そのシャンプー、大丈夫ですか?育毛剤とシャンプーの密接な関係

薄毛とシャンプーは、密接な関係にあります。強すぎる洗浄力のシャンプーは皮脂を落としすぎて、逆に頭皮の皮脂分泌を促進させるほか、洗髪直後は乾燥を招くことにもなります。また、界面活性剤などが含まれている場合は、頭皮を守ってくれる常在菌さえも活動できない環境になってしまうので使用は控えるべきです。

これらの効果を持ったシャンプーは、大量生産が可能な為、安価で売られているのが特徴ですが、薄毛や将来が気になる場合は使用を控えるべきです。毎日頭皮を清潔にしてくれるものですから、シャンプーにもこだわりたいですね。

少々お値段は張りますが、育毛用シャンプーというものがドラッグストアや育毛サロンで入手可能です。また、お店によっては美容院などでの販売もあります。単に汚れを取り除くだけでなく、保湿や血行促進にもよい影響を与えますし、有効成分が頭皮に浸透して、髪や頭皮を健康に保ってくれるシャンプーもあります。

さて、そんなシャンプーを入手して使う時に最も重要なポイントは2つ。「指の腹で頭皮をマッサージするように洗う」ことと「しっかりとすすぐ」ことです。これを覚えておくだけでも効果はかなり違ってきますので、ぜひとも覚えて頂ければ幸いです。

まず、「指の腹で頭皮をマッサージするように洗う」ことが重要です。爪を立ててこすってしまうと頭皮を傷つけてしまうため、指の腹で頭皮を軽くマッサージするようにご使用ください。頭皮をマッサージすることで、頭皮の汚れをしっかり洗浄できるほか、血行も促すことができるため、薄毛には効果的です。力を入れすぎず、細かく素早く動かすのがコツですね。軽く痒くなると血行がよくなっているサインですのでベストです。

次に「しっかりすすぐ」ことも重要です。シャンプーはなるべく強めの水流で、髪を軽くゆすぎながら洗い流しましょう。すすぎを軽くで済ませてしまうと、シャンプーが残って毛穴のつまり、雑菌の繁殖を促してしまいます。洗う時間の2~3倍はかけるべきですね。水程度なら常在菌や最低限の皮脂は残ってくれますので、しっかりすすいで、シャンプーを洗い流してください。(中にはすすぎだけで有効という説もあるぐらいです)

また、しっかりと洗髪して頭皮が清潔な状態なら、育毛剤もしっかり浸透してくれるのは簡単に想像できますね。育毛剤使用後は、しっかり浸透させるためにドライヤーの使用を控えるのが無難です。髪を乾かして拭く際も、タオルでゴシゴシこするのではなく、タオルで優しく抑えて水分を吸収させるようにすれば、頭皮に負担をかけることなく乾かせるのでお試しください。

以上のことから、薄毛とシャンプーは密接な関係があることを理解いただけたと思います。場合によっては、シャンプー=育毛剤と言っても過言ではないでしょう。あなたもしっかりと頭皮に良い影響を与えるシャンプーを心がけてみてはいかがでしょうか。そうすれば、薄毛予防や改善に役立つはずです。

1 2 3 4 5 >