男性用と女性用

女性も脱毛症に悩む!育毛剤は自分用のものを用意して

男性の様にツルツルになってしまうようなことはまずありませんが、女性にも脱毛症はあります。例えば男性型脱毛症を考えてみましょう。男性型脱毛症は男性ホルモンが関係していますので男性は早い時期からその影響が出る場合があります。しかし女性の場合男性ホルモンの割合が少ないので男性型脱毛症は発症しないと考えがちですが、男性ホルモンの相対的な割合が増加する更年期以後になると発症することがあります。ただし女性の場合には全体に薄くなっていきます。

旦那さんの育毛剤を使う

脱毛症の発症は男性の方が顕著に現れますから、大概旦那さんの方が早く発症します。そこで旦那さんは育毛剤を使う訳ですが、その後奥さんの方が脱毛症を発症すると旦那さんの使っている育毛剤に目が行きます。全く効果が無いとは言いませんが、そもそも脱毛の原因が同じとは限りませんし、男性と女性では頭皮の状態は全く違いますので、下手に旦那さんの育毛剤を使うとかえって悪化させてしまうことさえあります。お金がかかるからと言って旦那さんの育毛剤を使おうなどと考えてはいけません。

男性用と女性用

育毛剤は男性用ばかりと考えている人もいるかもしれませんが、女性には女性用の育毛剤が存在します。薬局に一度行って見てみましょう。数的には男性用の方が多いかもしれませんが、女性用にもかなりの数が揃っています。ですから女性は女性用の育毛剤を使うようにしましょう。女性用は女性の頭皮の状態を考慮した成分が配合されていますから、少なくとも頭皮に影響を与えて状態を悪化させるようなことは防げるはずです。

副作用の危険もある

育毛剤は医薬部外品あるいは医薬品ですから、薬用成分が含まれています。薬と言うものはご存知のように大なり小なり必ず副作用と言うものがあります。もちろん育毛剤も例外ではありません。このため育毛剤の育毛成分も実際にはごく少量しか含まれていません。特に女性は副作用が出やすいため女性用育毛剤は男性用に比べてもさらにに少量に抑えられています。したがってもし女性が男性用の育毛剤を使ったら副作用が顕著に出てくる危険性があります。

女性も病院に

女性の場合男性の様にツルツルになるわけではないので、なかなか決断できない場合が多いですが、女性の場合も抜け毛が気になり出したらやはり病院に行ってしっかり原因を追究することが必要です。病院に行けば医師により育毛剤が処方される可能性もあるので、旦那さんのものを使ったり、やみくもに女性用の育毛剤に手を出したりしなくても良く、なおかつ原因に即した処方になりますから、大きな効果を期待することができます。

家系に注意

前記のように女性も男性型脱毛症を発症します。男性型脱毛症は遺伝することが知られていますので、もし家系的に男性型脱毛症がある要するに禿げの家系の場合には女性だからと言って安心することはできないのです。更年期を迎えて、まさに忘れたころにやってくるということになります。ですから家系的に素質のある人の場合には十分注意して抜け毛が始まったらすぐに病院に行って育毛剤などを使って治療を始めなければなりません。